カーテン取り外して洗えますよ!

Home >> カーテン・ブラインドについて

カーテン・ブラインドについて 室内外のバランスを取るエコ役者!

カーテンの布地種類

ドレープ ケースメント レース

糸(繊維)を使用して、緻密に編みこまれ、織り上げられた重量感のあるカーテンを総称してドレープと呼びます。遮光、遮熱、保湿、保温にすぐれ、カラーも素材も豊富。

ドレープとレースカーテンの中間になります。レースに似た透視性とドレープに似た風格もある、透かし織りの生地です。

織物でなく編み物になります。調光機能があり、ドレープカーテンと2重にして昼間外からの視線を遮断するためにも使います。


カーテンのスタイル

代表的なカーテンスタイルの紹介です。

※各アイコンは推奨窓タイプを表しています。
カーテン
センタークロス

腰窓から大型窓まであらゆる窓にコーディネイトできるスタイルです。

センタークロス
クロスオーバー

カーテンの中央部分を交差させ装飾性を重視したエレガントなスタイルです。

クロスオーバー
ダブルギャザー

専用花飾りとタッセルが付き、豪華な表情を演出します。たっぷりとったドレープが大きな窓や壁面に映えるスタイルです。

ダブルギャザー
セパレーツカーテン

小窓や出窓をかわいらしく演出するスタイルです。リボンタッセルを使ってセッティングします。

セパレーツ
スカラップS型

裾にスカラップ(貝殻)上のカッティングを施したスタイルです。腰窓や出窓をエレガントに装います。

スカラップS型
スカラップW型

裾をW型にカッティングしたスタイルですが、Rをまっすぐに取るため適度な遮薮性も備えています。

スカラップW型
形状記憶加工
  1. 1. 日常のカーテンの開閉程度ではヒダ山やプリーツはくずれません。
  2. 2. 形状記憶未加工品に比べ、著しくシワになりにくく、強制的にシワをつけても高い復元力を示します。
  3. 3. 洗濯後も形状安定性は保たれ、シワがつきにくくアイロンを使用する手間が省けます。


バランス(上飾り)

吊り元の上にバランスをつけて格調ある空間の演出ができます。いろいろなかたちのオーダーが可能です。

ストレートフラットバランス プリーツバランス
ギャザーバランス スワッグバランス
吊り元

カーテンの吊り元のスタイルもいろいろあります。生地に合ったスタイリングのオーダーが可能です。

3ツ山ヒダ(標準)カーテン 2ツ山ヒダ(標準)カーテン ハトメカーテン
3ツ山ヒダ(標準)カーテン 2ツ山ヒダカーテン ハトメカーテン
フラットカーテン ゴブレットヒダカーテン ギャザーヒダカーテン
フラットカーテン ゴブレットヒダカーテン ギャザーヒダカーテン
そで&裾
サイドタッセルフリンジ 柄取り仕様
カーテンの袖や裾に同系色のタッセルフリンジを用いれば、クラス感のある窓辺を装うことができます。 ストライプなどのデザインにあわせて、きれいに柄が出るようにプリーツを取った縫製仕様です。
ウエイトウーリーロック 裏地付
裾にステンレス製のウエイトテープを縫いこんだ縫製仕様です。
シィアカーテンの裾部分をすっきりさせ、きれいなドレープが表現できます。
カーテン生地の裏面に裏地をつける仕様です。生地のドレープ性を良くしてカーテンヒダをきれいに見せたり、遮光性をアップさせたりする効果があります。

カーテンと同生地のクッション・ベッドスプレッド
クッション

カーテンと友柄にしたり、アクセントとして少し濃い色のプレーンな生地でクッションをアレンジしても素敵です。

ベッドスプレッド

カーテン生地を使った中綿入りのベッドスプレッドです。4つのスタイルと5つのキルティングパターンから選んで作成いただけます。


カーテンの役割

遮光部屋の中を暗くする役割があります。
遮光カーテンは通常よりも熱貫流抵抗値が高いため、冷暖房時の省エネ効果が高くなります。
また、生地の遮光性に等級が設けられ、各記事に完全遮光から1級、2級、3級と区分けされて表示されています。

遮熱・断熱日射を遮る役割があります。遮熱とは輻射熱をさえぎることで、断熱とは熱伝導を断つことをいいます。省エネにも役立ちます。



視線の調節昼はレースやケース面とで、外の光を程よく取り入れながら外からの視線を遮り、夜はカーテンを閉じることでプライバシーを守るなどの役割を果たしています。

遮音・吸音内外の音を伝わらないように遮る役割をします。より吸音効果を高めるためには、カーテンの生地を厚くして、プリーツをたくさん取ることと、天井から床までできるだけ壁を覆うようにするとより効果があります。

装飾効果カーテンの生地・色・柄・吊り方・プリーツの作り方・付属品によって部屋のトータルコーディネイトに役立ちます。部屋のインテリアとの調和を大切にしながら、イメージと部屋の役割に合わせてコーディネイトできます。



top